探偵 借金調査

借金調査

「借金調査」は、対象の人物に借金があるかどうかを調べる時に行われます。

借金の有無は人の信用性を量る上では重要な要素の一つです。

もし結婚相手が消費者金融などですぐにお金を借りてしまい、常に返済に追われている人だったとしたら、不安になりませんか?

交際相手や知人に借金を申し込まれた場合、すでに借金を作っておりそもそも返済能力がなかったとしたらどうでしょう?

探偵の借金調査はそのような不安を解消するためにあり、具体的な借金の金額を判明させることも可能です。

借金調査のご依頼に際しては、調査対象人物の情報をご提供いただく必要があります。
必要な情報は「氏名」「住所」「生年月日」等です。但し、これらはご相談のみの段階ではご提供の必要はありません。ご依頼が決定した際に担当者にお伝え下さい。

また、詳細な調査料金につきましては、フリーダイヤル(0120-132-417)、もしくはメールフォームにてお問い合わせ下さい。

結果判明までの調査日数はおおむね1週間~10日程度をみて頂き、結果判明後は調査報告書によりご報告を致します。
その他にご不明な点・ご質問等がございましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

負債調査と信用情報

ビジネスシーンで多くの負債を持つ法人との取引や契約を慎重に精査することは常識と言えることでしょう。

このような状況は個人事業主であってもやぶさかでは無く、個人事業主が商売相手との間に金銭の貸し借りを行う行為は珍しく無い状況と言えることでしょう。

長年にわたり商売上お付き合いをしてきた間柄であっても「言葉にしない裏の部分で複数の負債を抱えて商売を存続」している状況等は珍しく無いと言えるでしょう。

このような状況下において信用貸しでまとまった金額を貸すことは危険な行為と言えます。ご自身の商売にも影響が及ぶ金額の貸し借りを実施する際は「最低限の信用情報を得て判断」することがベストな選択と断言できるのです。

簡単にご説明するならば「お金を貸す相手の住所現地確認」等に始まり「所有不動産等の状況確認」などは最低限把握していなければならない信用情報と言えるのです。

このように負債に関わる借金調査や信用情報を得る調査等は高額な調査では無いので「身近な探偵に依頼し必要な情報を得る」方法を利用し「リスク回避」することが望ましいと言えるのです。