新座市 浮気調査

新座市は、埼玉県の最南端部にあり、人口約16万人を有する都市です。友好姉妹都市として、フィンランドのユヴァスキュラ市、ドイツのノイルッピン市と提携しています。
同市の名前の由来は、奈良時代に渡来し、先進文化を持っていた新羅の僧や尼、男女数十人を当時の朝廷がこの地に移住させて新羅郡を設置したことが始まりです。平安時代に新座郡に改称され、その後、現在の市名に採用されています。
1970年に市制施行後、人口が増え、開発も進み、ベッドタウンとして発展してきています。長らく印刷業が主力産業であったため印刷・製本関係の工場が多くあり、出版業界では原稿を印刷する際「新座(の印刷所)に持って行く」という表現がよく使われていたようです。ちなみに漫画家の手塚治虫氏のアニメーション製作スタジオが同市にあった縁で「鉄腕アトム」の主人公アトムが同市に特別住民で登録されたりしています。また、農業を営む人もぶどう園やキウイ園などの観光果樹園もあるようです。
探偵事務所が行う素行調査や浮気調査において新座市が関係してくる場合は、同市がベッドタウンである性質上、調査対象者たちの目的地になるケースよりは、同市内に調査対象者や不倫相手の居住先があり、主に調査の開始場所などで登場するケースになると思われます。

同市にはJR武蔵野線「新座駅」が存在しますが、同市の商業・交通の中心は隣接市の名前がつく東武東上線「志木駅」になります。同駅は志木市・朝霞市との市境付近、新座市の北端部に属しており、同市の鉄道玄関口という位置付けがされています。急行停車駅で東京都心へのアクセスがしやすくなっています。同駅付近にはかつてショッピングセンター「ららぽーと」がありましたが、耐震性の問題などにより閉館し、現在では駅ビル「エスティートスカ」「EQUIA」や「マルイファミリー」「イオン」などができています。
同市の名所と言えるものに、平成の名水百選に選ばれた湧水の「妙音沢」があります。天から降りてきた弁財天が信仰心の厚い村人に琵琶の秘曲を聴かせたという伝説があり、弁財天の奏でた妙なる音の沢ということから名付けられたようです。妙音沢流域の一帯は保全地区とされており、自然に溢れる景観が保たれています。
その他の名所では、国の天然記念物に指定されている境内林を持つ「平林寺」があります。同所の境内林は武蔵野台地の伝統的な面影を色濃く残しているとされ、敷地の広大さに加えて、桜や梅、新緑、紅葉と四季の景観は非常に素晴らしいものがあります。また、同所の西側に流れる江戸時代に造られた用水路「野火止用水」も同市の対策などで清流が保たれており見物の一つです。
探偵の浮気調査・素行調査が新座市で行われた場合、対象者や不倫カップルが上記のようなレジャースポットや名所・観光スポットを訪れることもあり得るでしょう。

探偵事務所で行われる調査の目的にはそれぞれ異なる点があり、例えば素行調査では対象者の行動に関する情報収集、浮気調査では当然のことながら対象者の不貞行為の有無の確認や不貞行為の証拠収集が主目的となります。浮気調査の証拠とは、対象者と浮気相手の性行為を証明するものであり、代表的なものでは不倫カップルがラブホテルを利用し出入りする様子の撮影になります。対象者たちがラブホテルではなく自宅マンションなどに出入りしているケースもよく見られますが、その事実を撮影などで積み重ねていくことでも不貞行為の証拠とすることもできます。 同市内には複数のラブホテルが点在しており、新座駅や志木駅周辺にも複数のビジネスホテルなどの宿泊施設が見られます。同市での浮気調査の証拠収集の状況としては、対象者たちがラブホテルを利用する目的で同市を訪れることが考えられ、また、不倫カップルのどちらかか独身か配偶者との別居などで同市内に居住しており、その居住先に二人で過ごしているか、もしくは同棲をしているケースなどが考えられます。