探偵が集める浮気の証拠

探偵が集める浮気の証拠とは配偶者に反論させない、反論できないようにするもので、最終的には「離婚裁判」で勝訴するための証拠です。

探偵の証拠収集イメージ例えば、あなたが証拠もないことで賠償金を請求されたとして、その支払いをしようと思うでしょうか?また、人間は自らに損害が発生しようとしている時は、その損害から逃れようとするものです。 現実に「浮気」という不正行為を行った人たちが、証拠もない状態で自らの非を認めるケースはほとんど無いのが現実です。

つまり、浮気を理由に離婚や慰謝料を請求する場合は、裁判で勝訴し合法的に請求できる状態、又はそうなるであろう状態にしなければ、目的を果たせる可能性は基本的に低いと言えるわけです。

具体的には、浮気の証拠とは浮気をしているという事実を証明できる映像や写真とそこに至ったまでの行動詳細です。 しかし、このような証拠集めをご本人が探偵の真似事をして尾行・張り込みをしながら撮影をするのは困難です。
対象者に顔を知られておらず、法的知識やプロの技術を持った探偵であれば、必要な浮気の証拠を調査によって収集することが可能になると言えるのです。
更にいかなる技術のある探偵でもひとりでは尾行、張り込みなどの調査は実施いたしません。
責任ある調査ができないからです。
ラブホテルなどでは出入口が2カ所以上あるのが常です。探偵ひとりではどのように対応するのでしょうか。

またラブホテルを利用してくれれば浮気の証拠として申し分ないのですがそうとは限りません。
浮気相手の居宅にいく場合もあります。
相手の居宅に外泊してくれればまだしも3時間程度過ごして出てきて、その映像を押さえたとしても浮気の証拠とは認められない場合もあります。
まず相手の居宅内に2人で入ったとしても、ふたりっきりであったという事実が証明できていません。
家族がいたかも知れませんし家族や友人が後から合流していたと言われてしまうと反論ができません。
またふたりっきりだとしても相談に乗って貰っていた、ゲームをしていた、パソコンなどを教わっていたと言われると何も証拠はないのです。

特にマンションなどではこういった言い訳をするのが常套手段でもあります。

これを浮気の証拠として持って行くには何度かその居宅に入るのを押さえるしかないのです。

裁判で活かせる浮気の証拠、浮気をしている配偶者に反論させないだけの浮気の証拠を集めるのが探偵の仕事であります。

中にはまだ浮気の証拠が固まっていない内に相手の居宅に行った事などを話してしまい、調査している事が察知されるという過ちを犯した御依頼者もおられました。
こうなるとなかなかきちんとした浮気の証拠を集めるのは困難になってしまいます。

当探偵事務所・探偵アーガスからの進言として浮気の証拠を収集するのはプロの探偵に信頼してお任せ下さい。