探偵が収集する裁判資料

不倫は離婚や賠償請求をされて当然の行為ですが、訴訟を起こす側が証拠を集め裁判資料として提出する必要があります。

しかも、裁判で証拠として認められるためには、ただ不倫しているという証言や状況だけでなく、はっきりと不倫の行為を実証する証拠写真や映像が求められます。

尾行や張り込みなどはもちろん、裁判資料とするに足るレベルの撮影となると、一個人の力では難しいのが実情です。
特に、多くの場合は顔をはじめお互いの情報をよく知る配偶者が相手であるため、なおのこと困難になります。離婚や裁判を有利に進めるためにも、不倫調査はプロの探偵に依頼しましょう。

またストーカー行為や嫌がらせ行為などについても警察に相談しても証言だけではなかなか本腰を入れての操作はして貰えません。

どうしてもその実態を個人的に蒐集して証拠として押さえないと警察は本腰を入れて操作して貰えません。
ここで登場するのが探偵事務所のストーカー調査や嫌がらせ調査です。

浮気や不倫調査同様にストーカーの実態や嫌がらせ行為の実態などを映像や写真に収め、証拠として提出することで警察の捜査も格段に違ってきます。
特に時として命の危険にもさらされるストーカー行為は早急な対策が必要です。

被害者は恐怖の余り後ろを振り返ったりして加害者をじっくりとは見られません。付きまとわれていれば逃避するのに必至な状況です。
探偵に任せて頂ければ警護を含め、ストーカーの実態の証拠を押さえていきます。
その証拠により対策が早く進み、危険を回避できます。

お子様のいじめ問題も同様です。
虐められた、いじめていない、と水掛け論で争う前にいじめの実態を証拠として残す必要があります。
録音、録画することで担任ばかりか校長などの学校関係者、教育委員会、更には警察などにも協力や圧力を掛けられます。

この現代社会は何事にも証拠が必要です。

浮気の証拠による離婚裁判ばかりではなく、ストーカー事件やいじめ問題などについての裁判でも探偵が極秘裏に集める証拠は意外にも効力を発揮します。

刑事事件、民事事件を問わず、証拠を集める技術は探偵事務所・探偵アーガスは他の探偵事務所より秀でているものと自負しております。
それは過去より法律事務所の弁護士からの依頼も数多く受け、多くの裁判での証拠提供を行ってきたからで裁判をするにあたり、証拠が必要とお考えの方は当探偵事務所・探偵アーガスにご用命下さい。