夫の浮気調査・不倫調査

恋人

夫の浮気調査・不倫調査について

いくら愛する妻と愛する子供がいても殆どの男性は浮気願望があると言われています。

探偵事務所ではかなり以前より夫の浮気調査(最近では不倫調査とも呼ばれています)の依頼は多く、探偵の調査業務の中ではもっとも多い調査でしょう。

なにしろ生物学的にいっても雄は自分の遺伝子を他の雄を押しのけても守ろうとします。

これがそのまま夫にも現れるのです。ですから結婚していても他の男性よりも「モテタイ」意識に現れてしまいます。

また、これは探偵の個人的解釈となりますが・・・

「不倫」とは「浮気」の別名でもありますが、基本的に既婚者でありながら根底に恋愛感情があるものが「不倫」と呼ばれているような気がします。

ですからこの「夫の浮気調査」のページでは、風俗女性との不貞行為等に関しての浮気調査は割愛して、不倫調査と呼ばれる浮気調査に関して記述致します。

最も多い夫の不倫相手

夫の浮気調査で最も多いのが勤務先社内での同僚や部下との不倫関係です。

1日の中、長時間一緒にいる同僚や部下女性からどれだけ好印象を得られるか、むしろ得るために努力する人も少なくありません。

そして好意を感じたら、既婚者である事や勤務先での倫理違反などもかまわずに不倫に走ってしまう人が多くおり、不倫関係の成立となります。

更に不倫関係が継続するのは周りに対する秘密という刺激的な環境です。

どんどんとのめり込んでいってしまいます。

不倫の重大性

このケースで不倫相手も既婚者、いわゆる「W不倫」であればお互いに配偶者に対しての弱みがありますから余り揉めずに不倫関係を解消する事は可能です。

ところが独身相手の社内不倫ですと簡単に別れることができないという悪循環にも陥ってしまいます。

何かしらの原因があって別れたいと思っても不倫相手が納得しないと配偶者に関係をばらされたり、勤務先上司に退職覚悟で申告されても大変な事態を招きます。 不倫の代償はかなり大きいようです。

ここで初めて不倫の重大性に気付くのですが、時は既に遅く、ずるずると不倫関係を続けていくしかないのです。

この様に別れたくても不倫を続けているという人が過去に何人かはいましたが、殆どは不倫関係の刺激に溺れ、熱く交際を続けています。

夫の浮気・不倫は察知しやすい

特に夫という生き物は妻の不倫よりもちょっと様子を伺うだけでいろいろと不倫をしている行動が察知されやすいと思います。

ただし女性よりも小心な人が多い為、警戒心も女性以上に強いことが多く、奥様の中には探偵の真似事をして追跡、ばれてしまってから探偵事務所に頼み込んで来る人もおられます。

妻の不倫調査も同様ですが、探偵の真似事をしても上手くどころか失敗する可能性が極めて高いです。

当社は浮気調査のプロという自負があり、少人数で成功率を高める訓練をしております。夫の不倫にお悩みの方は、まずは当社にご相談下さい。

浮気調査・不倫調査の詳細はこちら