代々木 浮気調査

代々木は、東京都渋谷区にあるJR線・都営大江戸線「代々木」駅や「代々木公園」周辺一帯の地域で、居住人口約2万人を有する街です。地名の由来には諸説あり、明治神宮境内の御苑東門近くに代々、モミの大木があったことからとされていますが、異なる説にはこの土地で代々、サイカチの木を栽培していたからという説もあります。戦国時代からその名が見られ、江戸時代には大名や旗本の屋敷地があり、戦後には米軍関係者の邸宅が建てられた等の歴史がありますが、現在でも高級住宅地と呼ばれる場所が存在し、外国大使館が置かれたりなどもしています。
大手予備校の「代々木ゼミナール」は名前を一度は耳にすることがあるのではないかと思いますが、駅付近にはオフィスや飲食店などの雑居ビルの他に予備校・専門学校が多く、その他の地域は主に「明治神宮」「代々木公園」の敷地や住宅街になりますが、地域北部ではほぼ新宿駅に近い商業エリアもあります。探偵事務所の素行調査の中で代々木が関係する場合、対象者・不倫相手の勤務先・居住先である、デート・ショッピングなどの目的地となるなど様々なケースで関係するのではないかと思われます。

このエリアの代表的なスポット・名所には、初詣で国内ナンバー1人気の「明治神宮」や国立競技場やスポーツ施設などのある都市公園「代々木公園」がありますが、その他の名所としてパワースポットとしても知られる「代々木八幡宮」があります。同神社では八幡さまと呼ばれる応神天皇が祀られており、「厄除開運」「安産」「家内安全」「交通安全」等の神として崇められています。同神社は駅名にも使用されており、作家の平岩弓枝氏の実家でもあるそうです。
その他の有名スポットでは商業地区「新宿サザンテラス」があります。ここには喫茶店や飲食店、雑貨店などが並んでいますが、遊歩道をイメージして店舗が配置されているそうです。百貨店「タカシマヤタイムズスクエア」や商業施設「ミロード」とデッキで繋がっています。遊歩道にはクリスマス前から冬の時期にかけてイルミネーションも点灯されます。サザンテラス沿いには超高層ビルの「小田急サザンタワー」があり、主に企業が入居していますが、低層階にレストランやラウンジが入居しており、上層階は上級ビジネスホテルの「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」となっています。さらにデッキで繋がっている複合ビル「新宿マインズタワー」にもカフェや飲食店があります。
探偵事務所が行う素行調査の中で、対象者や不倫カップルは代々木エリアでは上記のような場所を訪れることが考えられるでしょう。

探偵が行っている素行調査の目的は主に対象者の行動や接触人物を確認することですが、浮気調査の目的は対象者が不貞行為をしているかどうか、及び不貞行為がある場合の証拠を収集することになります。不貞行為の証拠収集のパターンとして非常に多いのが、不倫カップルのラブホテルへの出入りを撮影するパターンです。代々木エリアにはラブホテルがないため、対象者や不倫カップルがラブホテルの利用を考えるとしたら、近隣のラブホテル密集地域である新宿・大久保が第一候補になるのではないかと思われます。
ラブホテル以外では「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」「ホテルサンルートプラザ新宿」といったホテルがありますので、不倫カップルが宿泊を考えている場合や出張で訪れた対象者などがそれらのホテルを利用することはあるでしょう。不貞行為の証拠収集はラブホテル以外でも、通常のホテルなどの宿泊施設や対象者・不倫相手の居住先マンションやアパートを訪れた場合でも可能です。探偵事務所は基本的に無料で相談を行っていますので、浮気調査のご依頼を考えている方は一度ご相談してみるのもよろしいかと思います。