■国立市 浮気調査

国立市は、東京都にある市です。市の面積は小さく全国でも4番目に小さい市です。市の名前の由来は、JR中央線国分寺駅と立川駅の間に新しい駅と地域が出来る際に、両方から頭の文字をとって「国立市」となったようです。ちなみに国立は「こくりつ」と誤読されやすいために、民営施設などには「くにたち」と平仮名で名称をつける例もみられます。同市は1950年代に東京都で初めて文教地区に指定されており、学校が多く、一般的に教育上好ましくないとされる施設(パチンコ店やホテル、性風俗産業など)が開業規制を受けているため、閑静な街並みが保たれている市と言えます。また、福島第一原子力発電所事故の後、市役所など市内施設を対象として、多摩地域26市の中で初めて電力会社の一般競争入札を行い、電気代削減の実施なども実現しているようです。探偵事務所が国立市で浮気調査や素行調査を行うケースでは、前述のような同市の特性から調査対象者や不倫相手の居住地がある場合、もしくは勤務先が学校である場合などから調査の開始場所になるケースが多くなると言えます。

国立市には商業地域として発展している場所はありません。文教地区という土地柄もあり学校が多く、閑静な住宅街が広がっています。探偵事務所が行う浮気調査や素行調査に関しても、対象者が国立市の居住者である場合、ショッピングやデート目的の対象者はやはり新宿など都心方面か立川方面に向かうことになるでしょう。

国立市の名所として、東日本で最も古い天満宮の歴史を持ち、重要文化財のある「谷保天満宮」が挙げられます。同所は亀戸天神と湯島天満宮とともに関東三大天神と呼ばれています。谷保の読みが「やぼ」であることから「野暮」の語源になったとの説が存在します。また、1900年初頭に皇族により日本初のドライブツアーが行われた際に、同所の梅林で昼食会が催されたという記念碑があります。学問の神である菅原道真が祀られており、受験シーズンや初詣では多くの参拝客が訪れる神社となっています。同所にある梅園は梅の名所であり、毎年3月に梅祭りも行われています。また、1100年以上続く「谷保天満宮例大祭」は同所の伝統行事です。

国立市の名物として挙げられるものに「くにたち市民まつり」があります。このイベントはパレード・舞台・出店などが行われ毎年10万人以上の人出があり、同市の一大イベントになっています。その他、同市のさくら通りに面した谷保第3公園では毎年桜が開花する季節に「さくらフェスティバル」が開催されています。さくら通りは国立市だけでなく都内の桜の名所とも言われ、ステージイベントが行われたり、露店の出店やフリーマーケットなどが行われ、多くの見物客や花見客で賑わいます。また、場所ではありませんが、ちょっと変わったところでは「ほうれん草うどん」があります。ほうれん草を粉末にし、小麦と練り込んで作られています。国立市に特産品を生むため、市内で収穫量の多いほうれん草と、同市の街である谷保でうどんを食べる文化があったことから、ほうれん草うどんが開発されたとのエピソードがあります。ちなみに朝顔も国立市の名物であり、市内の農家が運営する朝顔の里で育てられた朝顔が販売される「朝顔市」が毎年夏に一橋大学で行われています。浮気調査や素行調査を行った場合、対象者たちがこのようなイベントなどに訪れることがあるかもしれません。

浮気調査において不倫カップルが最終目的としてホテルなどに宿泊もしくは休憩することはよくあります。国立市は文教地区ということもあり宿泊施設は少ないですが、国立府中IC周辺に複数のラブホテルが存在しますので、対象者たちが同IC付近を訪れた場合はこれらに宿泊・休憩することも考えられます。