取手市 浮気調査

取手市は、茨城県南部に存在する人口約11万人を有する都市です。取手市の名前の由来はいくつかあり、戦国時代に大鹿太郎左衛門の「砦」があったことから名付けられたという説が有力ですが、平将門が城堡(砦)を築いたことからという説や、鳥出や鳥手などと記載のある歴史書も存在し、正確な由来は不明です。ちなみに取手市が国際交流をしている都市に中華人民共和国の桂林市、アメリカ合衆国のユバシティがあります。取手市は茨城県最南部に位置し、県庁のある水戸などよりも東京の方が距離的に近く、1970年代~1980年にかけて東京都心のベッドタウンとして開発されたため、東京に通勤や通学をするいわゆる茨城都民とともに人口も増加しましたが、近年はそれらも減少傾向になり、地価の下落率も大きくなっているようです。
しかし、取手駅周辺再開発事業や常総ニュータウンの開発が進められており、また、取手市と市民・東京芸術大学の共同で「アートのまち取手」としての街作りも展開されています。同市の中心となる場所は取手駅周辺で、かつては県内最大規模の商業施設「カタクラショッピングプラザ」などがありましたが、徐々に閉店し、現在は駅ビル「ボックスヒル」が唯一のショッピングビルとなっています。取手市が探偵事務所の素行調査や浮気調査に関係する場合は、対象者や不倫相手が同市に居住しており調査の開始場所などになる機会が多くなりそうです。

取手市の名所に挙げられるものに「小貝川フラワーカナル」があります。小貝川河川敷約3kmのエリアに春にはポピー、秋にはコスモスが咲き誇り、花の運河と呼ばれるこの場所は、きれいな川を取り戻すため花を植えたボランティアグループの手によって作られました。毎年5月中旬頃には、春の花まつりが開催されています。また、小貝川堤防沿いには「小貝川サイクリングロード」が存在し、約60kmの堤防上を走行することも可能です。

また、お遍路さんによる巡礼では四国の八十八カ所霊場が知られていますが、取手市にも250年の歴史がある巡礼地「新四国相馬八十八カ所霊場」が我孫子市にかけて存在し、距離にして約60km、巡礼のスタイルは特にないためサイクリングなどでまわることもできます。また、取手市は平安時代の武将である平将門に縁のある地であり、国の重要文化財である「龍禅寺三仏堂」は平将門が建立したとも言われ、他にも将門が創建したと言われる寺院「長禅寺三世堂」や、将門の墓とその隣に愛妾桔梗の住居があったと伝えられる「大日山古墳」などの名所も存在します。探偵事務所が行う浮気調査や素行調査では、上記のような場所に対象者や不倫カップルが訪れて調査地となることもあります。

取手市の名物に挙げられるものに「とりで利根川大花火」があります。取手駅近郊の利根川河川敷で毎年8月中旬に開催されます。1930年の利根川大橋の開通を記念して行われたのが始まりで、長い歴史を誇る同市のビッグイベントです。和太鼓によるオープニングセレモニーや全長300mの大ナイアガラの滝などの見所があり、毎年10万人以上の人々が県内外から訪れています。探偵事務所が行う浮気調査や素行調査においても、上記のような名物イベントに対象者や不倫カップルが訪れることも考えられるため要注意です。

探偵の浮気調査では、調査を通じて不貞行為の有無の確認が行われます。この点は素行調査と異なる点であり、最終的に重要な目的となるのは不貞行為の証拠収集です。ラブホテルに出入りする対象者と不倫相手の様子の撮影が代表的な証拠ですが、二人でシティホテルなどに宿泊する様子の撮影も証拠とすることが可能です。取手市では「取手駅」や「藤代駅」「新取手駅」「ゆめみ野駅」周辺などに複数のラブホテルやビジネスホテル・旅館などの宿泊施設があり、いずれかの施設を利用する可能性はあるでしょう。また、そもそも対象者や不倫相手が単身居住している場合は、その住居に二人で宿泊する可能性も考えられます。