優良・良心的な探偵

優良イメージ

探偵が依頼人からのオーダーに応える主な手段は調査をすることです。

調査で得られる情報から依頼人が最も欲している情報を取得し、報告書にしてお持ちする業務が一般的に認知されている業務の流れとなります。

依頼人が欲している情報が探偵の専門分野の調査で判明できるかを判断し、相談者や依頼者に誠意をもって対応し、調査出来る案件かどうかを正直に告げる。

優良な探偵が実施する相談から契約迄の流れは上記の状況に集約されていると思います。

調査が不可能であり困難な案件であると認識があるにもかかわらず、 調査可能であるように伝え、調査困難なリスク説明がいっさいなされない調査契約は法的に違法となります。

探偵業者は適切な説明を抜きにした調査契約が「法律に触れる行為」であると認識するべきなのです。

昔からのダーティーで粗野な考え方を基に調査契約を結んでいる探偵や探偵事務所は、はっきり申し上げて法律違反の違法営業に抵触しているのではないでしょうか。

説明不足等から調査契約した案件は、法的に契約の解除や取消が可能な場合が多く、真っ当な調査委任契約とは言えないのです。
また、クーリングオフ制度導入の影響もあります。

このような状況下で契約され実施した調査で発生したトラブルや調査費用は、 早い段階であればクーリングオフ出来る可能性もあるので契約状況や調査に至る経緯などを明確にして保存する事が望ましいと言えます。

従来通りの契約を結んで、既に調査に着手していると主張する探偵や興信所もあるかもしれませんが、 古くから探偵業に従事する人物であっても「常に勤勉で法律と世間の感覚に敏感」でいなければ、探偵事務所や興信所の運営は難しい時代になってきています。

このような現代社会で探偵業を運営する探偵や興信所に世間から求められる姿勢は常に厳しい状況とも言えます。

法規に沿った営業にプラスした「良心的な調査」や「道徳や倫理を持ち合わせた御依頼者に対する対応」が当たり前な時代であり、 「現代の優良な探偵に求められるカタチ」としてはそれがポピュラーになったと言えるのです。

「一週間の浮気調査で100万円を前金でお預かりします!」などの古くからの探偵や興信所にありがちな体質は論外な営業スタイルだと思います。

このような状況を認識されて探偵に調査を相談していただければ、「現在相談している探偵が優良か?」の判断材料となり、悪質な業者の営業手法に引っかからない判断がしやすく、 探偵業を正当に実施する優良業者のみを利用できるのではないでしょうか。

良心的であるか?悪質か?

探偵が御依頼者に提示する調査費用は調査内容によって様々と言えます。

どのような職業でも良心的であるか?悪質であるか?は対応に表れて調査を実施した後の調査費用にも当然ながら表れる事でしょう。

探偵が実施した調査結果が請求費用に見あっているか?
この部分は調査依頼した「探偵が良心的であるか?」そうでないかで大きく満足感が異なる部分と断言できる事でしょう。

探偵に悩みや問題を問い合わせる場面に始まり担当の相談営業が現実的な調査内容を提案し「結果がでる可能性が高い調査」を御依頼者が納得した上で実施し調査報告にたどり着く。

調査案件の大小や扱う金額に関係なく「ご依頼人の満足や納得を優先した業務」を実践できる探偵は極めて良心的であり信用できると言えるでしょう。

満足の行く調査を実施できる探偵は「調査料金も納得できる」傾向が強くあるものです。

御依頼者であるお客様の求めるモノが何であるか充分に理解し「求める結果を出すために必要な調査を提案する」この姿勢が「御依頼者の納得や満足度」に深く関わり調査報告に繁栄されることとなるのです。

もしも、御依頼者の求めるモノを理解できていない調査が実施される場面を想像していただければ簡単に理解していただける事なのだが「追求した調査が実施されない」と同時に「うわべだけの熱の無い調査や業務」は依頼者に心情に届く事がないのです。

自ずと調査報告も上辺だけの調査に事実が付随されるだけのもので「納得の行く調査」とはほど遠い調査報告となってしまう事でしょう。

調査は事実を御依頼者に御報告する事が基本となっています。

しかし、満足な調査や費用に見あった調査を求めている御依頼者様には「探偵を選び問い合わせる時点から欠かせない重要ポイント」を認識した上で相談し契約しなければ「納得のいく調査を実施する探偵」に調査を依頼とはならないと言えるでしょう。

事実をなぞっただけの調査報告をされても多くの御依頼者は納得しないのが現状と言えるでしょう。費やした調査費用にみあった調査結果は「手掛ける調査人の腕にも関わる」ことであり簡単な事とは言えない現実問題も絡んでいる。

満足な結果を提供できる探偵は「人社一体で調査に望む姿勢」を前面に持って業務に従事し、御依頼者のニーズを第一に考えた方向性を忘れない調査を日夜実施している。

この姿勢に裏付けられる「報告が御依頼者の満足」に繋がっていくことは間違いない事実と言えるでしょう。