探偵の口コミと評判

ネットやSNSの普及

今やどこの家庭にもインターネット環境が整っているといっても過言ではなく、そのおかげで集められる情報量が飛躍的に増えました。

さらに人から人へと情報が拡散していくツイッターやフェイスブック、インスタグラムといったソーシャルネットワーキングサービスが爆発的な人気となり、これらSNSサービスの普及がさまざまな情報の拡散をより早くしています。

そのため、いろいろな物事に関してまずは情報収集という人が多くなり、実際に利用した人の意見を参考に買い物をするかしないか、あるいはサービスを利用するかしないかを決める人が急増しているのが現代社会の特徴といってよいでしょう。

こうした特徴は、日常生活で当たり前に起こることだけでなく、極めて特殊な状況にも当てはまります。

それが、パートナーの浮気が疑われるときです。

浮気問題は探偵に調査依頼だが…

婚姻関係が破綻することを一般的に離婚といいますが、この離婚に至る原因が婚姻関係にある二人のうちのどちらか一方の責任であると認められた場合、婚姻生活の破綻を招いたほうが離婚を申し立てることはできません。

もし、浮気をされたことを実証できないまま問い詰めて離婚となった場合、浮気の責任を追及することができず、浮気をした配偶者はもちろん、浮気相手からも慰謝料を取ることができないのです。

こうした状況を回避するには、探偵事務所や興信所に頼んで決定的な浮気の証拠を掴んでもらうことが不可欠で、法律において動かぬ証拠と判断されるのが写真や音声です。

二人でラブホテルに入るところと出てきたところ、さらにその時間の記録を押さえます。

また、可能であれば音声を録音するといった調査もやってのける探偵ですが、日本では探偵と名乗るのに厳密な資格があるわけではないのです。

評判のよい探偵に頼む?

探偵が調べた方が自分で調べるよりも効率がよく、そして危険度も低くなることから、一番安全な方法です。

ただ、探偵と名乗ること自体は自由にできるため、依頼したもののなかなか成果をあげてくれない場合や時間がかかって費用が大きな負担になってくるといったケースが無きにしも非ずです。

評判の悪い探偵事務所に依頼してしまわないためには、実際に利用したことがある人の口コミを探し、どのような評判なのかを調べてみる作業も不可欠でしょう。

インターネットを使えばたくさんの情報が見つかりますので、とにかく悪い口コミや評判が見当たらないところに絞って検討するのも一つの方法として宜しいかもしれません。

口コミや評判が信頼できる情報かどうか注意

一方、口コミが多く評判もかなり良いとなればすぐさまお願いして調査してもらおうと考えてしまいがちなのですが、インターネット上の情報には広告が非常にたくさん混じっています。

しばしば自作自演やステマ目的などで意図的に書き込まれる口コミも存在しますので、本当に信頼できる情報かどうかを見極めることが大切です。

とはいえ、探偵事務所探しなどこれまでの人生で経験したことがないという人のほうが圧倒的に多いでしょうから、まずは電話で問い合わせてみることで、どのような対応をしてくれるかがわかります。

電話をするのが苦手という人なら、サイトのどこかにお問い合わせフォームがないかを探し、見つかったらフリーメールアドレスを使って問い合わせてみるのもよいでしょう。

電話ではなくメールで返事をくれるように頼んでおけば、相手のことを考えた対応をしてくれるかどうかが判断できます。

本当に口コミ通りの真摯な対応が実績を積み上げて評判をよくしている探偵事務所だとわかれば、安心して依頼できるでしょう。