結婚詐欺・結婚調査

1.結婚詐欺

結婚

結婚詐欺とは、結婚する気もないのに結婚をすると約束し、詐欺師が相手から金銭をだまし取る方法の一つです。

以前から用いられている手法で、ご存じの方も多いかと思います。

ただ、結婚が嘘であったということが結婚詐欺であるというわけではありません。

結婚の約束をされてそれが嘘であった場合、受ける精神的なダメージは大きいかと思いますが、 結婚するという嘘をついて結婚が嘘であったという罪は存在しませんので、それだけでは少なくとも犯罪として訴えることはできません。

刑法246条(詐欺罪)
1.人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

結婚詐欺が犯罪と成立するケースとは、基本的に上記の刑法246条詐欺罪が成立するケースであり 「金銭をだまし取られた事実があるかどうか」が犯罪となるポイントです。

実際に結婚詐欺師が逮捕されるケースは詐欺罪で逮捕されています。

つまり、結婚詐欺とは「結婚をダシにした詐欺罪」ということになります。

結婚詐欺の対策

状況整理

結婚詐欺被害にあった場合、まずはご自身の状況を整理してみることが重要です。

精神的ショック等を考えると決して簡単なことではないかと思いますが、 実際に詐欺被害にあってしまった場合、具体的に対策を行っていくには、 自身が詐欺被害にあったということを警察や裁判所という公的機関に認めてもらう必要があります。

上述のように、結婚詐欺とは「結婚をダシにした詐欺罪」ですので、

・金銭に相当するものを相手方に騙し取られた事実があるのかどうか?

・騙し取られたお金の金額はいくらなのか?

・その金額を証明する書類や振り込み明細があるのかどうか?

・どのような経緯で金銭を騙し取られたのか?

などをきちんと説明できるようにしておき、 ご自身の受けた被害内容を他者(警察・弁護士・探偵事務所等)に認識してもらうということが対策の第一歩となります。

相手方の身元を割る

詐欺被害は、不法行為等で民事訴訟にて訴えることもできます。

金銭を取り戻すことを考える場合、代表的な手段は民事訴訟での損害賠償請求です。

民事訴訟で訴える場合は、手続きに相手方の氏名や住所の情報が必要になりますが、 詐欺師は偽名や嘘の住所を用いることがあり、 氏名や住所がわからない場合は特定が必要になります。

但し、相手方の身元特定は一般の方では困難なケースも多いかと思います。

身元の特定は、探偵事務所が得意とする業務の一つであり、尾行や特殊な情報収集等の手段が用いられます。

 

2.結婚調査

結婚

結婚調査は探偵事務所にとっては昔からある調査のひとつで「縁談調査」「合縁調査」などとも呼ばれていますが、 最近では個人情報保護法などにより結婚調査そのものがかなり難しくなってきています。

結婚するという事は全く育ってきた環境の違う2人が将来を共に生活する事を指します。

最近は殆ど恋愛関係により相性を見極め結婚に至りますが、全ての人が素顔をさらけ出しているかというとそうでもありません。

相手によく見られたいがためにちょっとした嘘や詐称をする人もいます。

相手が気付いても何ら障害のない可愛らしい嘘なら良いのですが、中には悪質なものもあります。

結婚してからその悪意の嘘に気付いても時は遅く、籍を汚してしまう、いわゆる離婚というケースになる人も多く存在します。

まして子供ができてからだとその悪意の嘘に付き合い、我慢しながら共に生活をしなければならない人もいます。

例1)

ある男性は結婚する前には借金など無いと言っていたが、 結婚後に独身時代より多額の借金があった事が発覚、すぐにでも子供が欲しかった新妻は、返済の為働かざるを得ず、将来設計において根本から狂いが生じてしまった。
当初は婚姻生活を我慢して続けていたが、結果、離婚を選択した。

例2)

妻は一度離婚した過去があると言っていたが実際には3回の離婚歴があった。 初婚の時に子供を授かり、元夫側に引き取られていたという事実が結婚して5年後に判明、 それも初婚の時の夫が子供のことで探して現れたらしく、青天の霹靂であったという。 信じていた妻による裏切りに思え、やはり離婚を選択した。

このような悲惨な結果になる前にお相手について調査する事はとても大事な事です。

通常、結婚調査では結婚相手である本人についてデータ情報や現前住所などでの聞き込みを実施して詳細に調べていきます。

結婚調査で調べること

学歴、職歴、性格、素行、健康状態、婚姻歴、家族構成、
資産関係、思想、宗教、評判 など

結婚調査では対象者本人だけの調査でもかまいませんが、最も依頼が多いのは両親や兄弟についても同様の調査を含んだ結婚調査が多くなっています。

これは本人については多少の情報を持っていられるでしょうが、親族についても同様にどの程度正直に話をしているかは判りません。

親族について前もって知っておくことも重要です。何しろ将来的にも長く付き合っていくのは相手の両親やそれ以上に兄弟だからです。

過去のひとつの例ですが、お相手のお兄様が仕事の関係で海外赴任しておりなかなか帰国できないとの事だったのですが、 実際には罪を犯し刑務所に入っていたという事もありました。

確かに言いづらいことではありますが、家族になる相手に隠してもいずれはばれる事は正直に話し、 それでもかまわないという選択をして貰わないと将来の禍根を残す事になりかねません。

知らないで結婚して後悔を残すよりも結婚する前にいろいろな事を知っておく事は結婚生活を続ける上で大事な事です。

結婚調査の重要性についてご理解頂けましたでしょうか。

結婚調査の料金の詳細

A:対象者自身の婚姻歴の有無、経歴、借入金、人柄等を調査250,000円~
B:家族を含めて調査400,000円~
※さらに親族等も調査する場合は別途お見積り致します。