勤務先調査の詳細

オフィス

勤務先を調査するといっても何のために調べるのか?と思われる方も少なくないかと思いますが、よくある例としては金銭のトラブルにかかわる案件です。

金銭の貸借問題によるトラブルが多く、他にも家賃の滞納から損害賠償金、離婚の慰謝料、浮気相手への慰謝料、離婚後の養育費、教育費などの未納、滞納と様々です。

いずれも民事訴訟問題の絡んだ案件であり、特定した勤務先の給料や退職積立金などの差し押さえ、 いわゆる強制執行に利用され、個人依頼者ばかりではなく、行政書士、弁護士などの士業関係者からのご依頼も多い調査です。

 

勤務先調査によるメリット

・給料を差押することができる

・内容証明の送付先とすることができる

・訴状の送達先とすることができる

・身元をおさえる上での情報の一つになる

金銭問題によるトラブルに関しては、様々な悩みを抱えていらっしゃる方が多いのはないでしょうか。

浮気相手などは住居を特定してもいざとなると話し合いに応じない人も多く、 勤務先を特定して知っておくことで優位に話し合いができるというメリットもあります。

勤務先を特定することは損害賠償金、慰謝料、養育費などの滞納による差し押さえや強制執行を可能にしますので 民事関連問題においては必要不可欠な調査といえるでしょう。

また、身元調査、結婚調査や結婚詐欺調査においても、相手が口述していた勤務先を詐称している場合があり、 実際の勤務先を確認することによりその「人となり」が大きく変わってくるばかりではなく、今後の交際についても大事な要点と考えるべき問題です。

 

勤務先調査の方法

基本的には尾行調査によって勤務先を特定いたしますが、様々な情報やデータをもとに調査可能な場合もあります。

ご相談の際に状況や情報などを詳細にお話しいただき、ご相談の案件に合わせて適切な方法を選択するか、希望される方法を選択できるシステムとなっております。

勤務先調査の方法

・情報収集から割り出す方法

・尾行による方法

ご注意いただきたいのは、2種類の方法で異なる点があることです。

情報収集による方法を取る場合

情報収集による調査のため、料金は「着手金+成功報酬」による定額制となります。

※非正規雇用・アルバイトや水商売系の職場などに勤めている場合は結果が出ませんので、それらの職種が想定できる場合は尾行による調査をお勧め致します。

尾行による方法を取る場合

張り込みと尾行で判明させるため、通常の尾行調査と同様に「時間料金制」となります。

※時間料金制についてはこちらをご参考下さい。

午前中の定時までに出社することを想定すると3~4時間の調査となるのが一般的ですが、 職種や雇用形態によっては長時間になったり、数回の調査が必要になる可能性があります。

但し、情報収集では判明させられない非正規雇用・アルバイトや水商売系の職場でもわかるというメリットがあります。