所在調査

所在

所在調査とは

所在調査とは簡単に言えば「調査対象者が居る場所」を調査することです。

調査によって居場所を知りたいという状況には、主に下記のようなものがあります。

・不倫などによる別居中の配偶者の居場所を知りたい

・ネット等で知り合った交際相手

・詐欺師が住んでいる場所

なぜ居場所を知りたいのかの理由

所在を調べたい理由の一つは、相手が「嘘をついているかもしれない」「居場所を隠している」との事情があるからでしょう。

他には「訴えたいけど住所がわからない」というケースが多いです。

 

所在調査の方法・料金

所在調査の方法は基本的に二種類あり、ご相談案件の内容から適した方を採用することになります。

一つは「情報収集」による方法です。調査対象者について知り得る情報をご提供ください。それらの情報を用いて居場所を割り出します。

もう一つは「尾行」による方法となります。例えば、御依頼者が調査対象者と喫茶店などで会える状況が作れるのであれば、別れた後に対象者を尾行して所在を判明させます。

調査料金については料金表をご確認下さい。

 

その他の所在調査

音信不通の方の所在調査

ご自分の親族や親しい友人と音信不通になる状況は不安な気持ちになります。

世間的には所在調査を用いて所在を特定し、連絡をとり安否や健康状態などを知っておきたいと考えます。

携帯電話やスマートフォンを持ち生活する行為が常識と考える一方で、高齢者は携帯電話を利用しない現状にあります。

故郷に暮らす親戚や遠方に所在を移した旧友なども、交友が無くなる事が原因で音信不通になりがちと言えます。

こうした社会現象とも言える「所在不明者」に関する調査は、探偵や興信所が行う調査業務としてはポピュラーであり世間が求める調査業務でもあります。

現地に赴き、聞き込む地道な所在調査や、探偵社が保有する携帯電話情報を基に検索する所在検索など、調査方法も御依頼者様のニーズにより選択できるメリットがあるため、急な冠婚葬祭に関わる所在調査の依頼などにはスピーディーな対応が期待できます。

月日が経ち所在が不明になってしまった方が気がかりで、所在調査をご希望の方にはお気軽に無料の電話相談を利用し、現実的な所在調査を選択して心配事を解消していただければと思います。

所在調査で迅速な対応が求められる理由

多くの行方不明者や所在不明者の調査は「迅速な対応が要求される」不安材料が存在するためお金がかかっても探偵に依頼する経緯があります。

もし、どこで暮らしていても大丈夫と安心できる身内が所在不明であったとしても、迅速な所在調査が必要とは考えないことでしょうし、警察に捜索願を提出することもないでしょう。

探偵の所在調査を必要とするケースには不安となる状況が認識されることが第一にあり、「もしも」の状況を不安と感じ迅速に行方を知りたいと考えるのです。

所在調査の結果が「もしも」の状況ではなかったとしても、身内に心配をかける状況を解消するために実施する調査であると認識した上で依頼される方がその多くであると言えるのです。

※詳しくは家出人調査もご参考下さい。