アフターフォローについて

アフターフォロー

浮気調査のアフターフォロー

当社では浮気調査後のアフターフォローをご希望される御依頼者が多くおられます。

配偶者が不倫・浮気をしていた事実を掴んだ事で御依頼者は様々な方向性を考えられます。

配偶者の不倫、浮気を許せるか、許せないか。許せないとしたら離婚するか、しないのかといろいろいな選択肢で悩まれる事でしょう。

また、離婚するにしても慰謝料問題、財産分与、お子様がいらっしゃれば養育費から親権問題などなど。更に浮気相手に対する賠償請求も加わったりしてきます。

浮気経験のある方はご存じだと思いますが、離婚をするにもかなり精神的にも肉体的にも労力を使います。

浮気した配偶者側に非が全面的にあるとしても賠償金額や離婚条件などで合意が得られないとなると大変です。専門的な知識も必要とされるため、個人での対応には限界があります。

夫婦間における争議については、離婚などの夫婦間争議に強い弁護士を無料でご紹介致します。 更に初回相談につきましても無料にして頂ける手配もしておりますのでお気軽にご利用下さい。もちろん弁護士を選任するか否かは御依頼者のご希望です。

 

素行調査のアフターフォロー

浮気調査以外でよくある素行調査のケースは社員の怠慢業務の実態があげられ、その他、社内不倫などの社内規程違反、中途退職者による取引先の囲い込みなどもあります。 こういった問題には、内容によって民事、商法や労務を専門とする弁護士をご紹介しております。

 

勤務先調査のアフターフォロー

この調査もよくある調査で基本的には債権回収、養育費、慰謝料などの未払いにおける金銭トラブルが発端となっている事が多く、強制執行などに強い弁護士をご紹介しております。

 

結婚詐欺調査のアフターフォロー

結婚詐欺については詐欺として立件するのがなかなか難しいとされています。
結婚詐欺調査で得られた結果から、最終的に詐欺罪として立件されるためには弁護士の力も必要となるでしょう。刑事事件で特に詐欺専門の弁護士に相談される事を強くお勧め致します。

 

ストーカー、嫌がらせ、いじめなど

いずれも実態が調査によって暴かれた場合、それぞれ専門の弁護士をご紹介致しますが、こういった件は被害者における精神的なケアも必要となりますのでお気軽にご相談下さい。

 

専門の弁護士に依頼

尚、弁護士資格を持っていればどのような案件でもそれなりの対応は可能です。
しかし、それぞれ専門分野というものがあります。

過去において友人に知り合いの弁護士を紹介して貰った、勤務先の顧問弁護士に対応して貰ったなどのケースも聞かれますが夫婦間争議の専門でないと力を発揮できません。

更に友人の手前、勤務先の手前などと変なしがらみも生じて、自分の気持ちを素直に言えなくなってしまったという事もあったそうです。

専門の弁護士を選任する事は大事なことでもあります。当探偵事務所はそれぞれの分野の専門の弁護士を無料でご紹介致しております。

それは当探偵事務所が長年にわたり、積み重ねてきた実績を基に多くの弁護士から信頼を受けている証だと自負しております。ご遠慮なく、当探偵事務所のネットワークをご活用下さい。

※当社の顧問は下記法律事務所になります。

野崎研二法律事務所

また、当探偵事務所のアフターフォローは弁護士、カウンセラーなどの無料紹介ばかりではありません。 裁判などで証言が必要になった場合はご遠慮なくお申し出下さい。